むし歯の予防と治療

う蝕(むし歯)の治療について

むし歯とは

う蝕(むし歯)は歯の表面のエナメル質を作っているアパタイト(主として、カルシウムイオンとリン酸イオンから作られています)が、歯に付着したプラーク(最近はバイオフィルムと言います)が作り出す酸によって、溶ける出す現象をう蝕(むし歯)と言います。通常な状態では唾液の中にはエナメル質より多いカルシウムイオンとリン酸イオンがあり、エナメル質から溶け出したカルシウムイオンとリン酸イオンは唾液から絶えず、供給されています。しかし、唾液から供給される以上にカルシウムイオンとリン酸イオンが溶け続けるとエナメル質に穴が開き、う蝕(むし歯)になります。

COとは

アパタイトが溶け出し、穴があく前の段階をCOと呼びます。CとはCaries (う蝕)の意味で、OはObservation(観察)の略です。COとは治療の前の段階で、そのう蝕の状態を観察すべきはと言う意味です。このCOの時期は、カルシウムイオンとリン酸イオンが供給できれば、正常なエナメル質に回復させることが可能です。下の装置は、ダイアグノデントという機器で、レーザー光を利用して、う蝕(むし歯)の状態や進行状態を計ることができます。

C1とは

C1とは、エナメル質に留まる約1mmの穴(実質欠損)がある場合を言います。かつては、早期発見早期治療が望ましいとの考えで、C1も治療の対象としていた時代もありましたが、現在は、C1も定期的な観察を行っていくことが望ましいことが分かっています。当院では、C1は可能な限り、歯を削らずに、予防処置を行った上で、注意深く観察していきます。下のレントゲンはバイトウィング法(咬翼法)という撮影法で、隣接面(歯と歯の間)のう蝕(むし歯)をチェックする方法で、C1のう蝕(むし歯)を示しています。しかし、定期的な観察を行わないとすぐに、次のステップC2(象牙質まで進行した状態),C3(歯髄まで進行した状態)へ進むことも知っておいてください。

C2とは

C2とは、象牙質(エナメル質の内側にあり、神経細胞が延びてきている組織)に移行した状態で、痛みを伴うようになるので、治療の対象となります。バイトウィング法(咬翼法)でも、エナメル質から象牙質へ移行している状態を診ることができます。

C3とは

C3とは、歯髄(骨の骨髄に相当)まで、進行した状態で、歯髄をとる治療になります。できるだけ、C2の段階までに、治療を行いたいものです。

市販されている歯磨き剤のフッ素濃度一覧です

ぜひ、ご自分がお使いの歯磨き剤のフッ素濃度を探してみてください。なお、当院で取り扱っております歯磨き剤はライオンのCheck-up(950ppm)になります。

一覧(pdfファイル)

初めて歯の治療するお友達へ

歯の治療がどういう流れで、どういう道具やお薬を使って行うか、分かりやすく書いた絵本になります。治療をスムーズに行うために、お子様と一緒に読んできてください。下記からダウンロードできます。

かえるのワーニー治療編(pdfファイル)

Color Skin

Nav Mode