矯正歯科について

矯正歯科について

当院の矯正は、育児・生活支援型予防矯正がベースとなっています。このシステムは地域全て子どもたちに応用可能なシステムです。

すべての子どもさんへの予防矯正(育児・生活支援型予防矯正)

矯正治療の多くは自費診療です。そのために、すべての人が矯正治療を行えるわけではありません。歯並びやかみ合わせは遺伝するものもありますが、日常の生活環境の影響を絶えず受けています。当院では、一人一人の子どもさんの口の機能や噛合わせを診て、口の良い機能を営み、きれいな歯並びと噛合わせに育っていけるように、育児のアドバイスを行っています。この育児・生活支援型予防矯正で、反対咬合や隙間不足の歯並びが改善できます。当院では30%以上の子どもさんの反対咬合が改善しています。(九州矯正学会発表、第7回IFUNA(International Functional Association)発表

乳歯の歯並びの矯正

3歳〜5歳の子どもさんの反対咬合や交叉咬合(下顎が左右にずれた噛み合わ)など、上下顎の発育のバランスに問題を生じる場合に矯正を行っています。

永久歯が生えはじめの時期の矯正

正常な大きさに歯並びを広げる。上下顎の発育のバランスを整える。口の機能の改善などの目的で治療を行います。

永久歯が生えそろった時期の矯正

8番(親知らず)以外の7種類の永久歯が生えそろった時期に、本格的な矯正を行います。

成人の矯正

年齢の制限なく、歯並びの治療を行います。骨格性の噛み合わせの治療には社会保険が適応できるものもあります。

透明で目立たない取り外しの出来る矯正治療

透明で目立たない取り外しの出来る歯科矯正システム インビザラインシステム【invisalign】を導入いたしました。ほとんど装着していることが分からないので、お仕事している成人の方や、女の子に大人気の矯正装置になります。また、歯磨きなども難しくならないので、う蝕管理の面でもおすすめの矯正装置です。

社会医療保険による矯正治療

当院は、社会医療保険で矯正治療を行える「障害者自立支援ならびに顎口腔機能診断料指定医療機関」です。現在、日本ではほとんどの矯正治療が自費診療ですが、成人の骨格性の反対咬合と顎変形症と下記の条件に当てはまる場合には、医療保険の適応が認められています。

  • ・唇顎口蓋裂
  • ・ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • ・鎖骨・頭蓋骨異形成
  • ・トリーチャーコリンズ症候群
  • ・ピエールロバン症候群
  • ・ダウン症候群
  • ・ラッセルシルバー症候群
  • ・ターナー症候群
  • ・ベックウィズ・ウィードマン症候群
  • ・ロンベルグ症候群
  • ・先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィを含む)
  • ・顔面半側肥大症
  • ・エリス・ヴァン・クレベルト症候群
  • ・軟骨形成不全症
  • ・外胚葉異形成症
  • ・神経線維腫症
  • ・基底細胞母斑症候群
  • ・ヌーナン症候群
  • ・マルファン症候群
  • ・プラダーウィリー症候群
  • ・顔面裂
  • ・大理石骨病
  • ・色素失調症
  • ・口-顔-指症候群
  • ・メービウス症候群
  • ・カブキ症候群
  • ・クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ・ウィリアムズ症候群
  • ・ビンダー症候群
  • ・スティックラー症候群
  • ・小舌症
  • ・頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、小頭合指症を含む)
  • ・骨形成不全症
  • ・口笛顔貌症候群
  • ・ルビンスタイン-ティビ症候群
  • ・常染色体欠失症候群
  • ・ラーセン症候群
  • ・濃化異骨症
  • ・6歯以上の先天性部分無歯症
  • ・チャージ症候群
  • ・マーシャル症候群
  • ・成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ・ポリエックス症候群
  • ・リング18症候群
  • ・リンパ管腫
  • ・全前脳(胞)症
  • ・クラインフェルター症候群
  • ・偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  • ・ソトス症候群
  • ・グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)

矯正装置時間表ダウンロード

矯正装置時間表をダウンロードできます。なお、日中は赤い線、就寝時は青(黒)い線で記入してください。
矯正装置時間表

Color Skin

Nav Mode